30代から始める女性のわきが対策

悩める30代女性のわきが・・・どう対策する?

 

女性の30代は何かと忙しい時期ですよね。

 

 

子供が元気いっぱいな年頃だったり、キャリアウーマンとしてバリバリ働いていたり、落ち着くために婚活をしていたり。

 

 

そんな忙しい30代に水を差すのがワキガというコンプレックスです。どんなシーンでもあのイヤなニオイは全てをぶち壊してくれるくらいの破壊力があります。

 

 

ここでは、30代女性がすべきワキガ対策をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ、30代ワキガって多いの?

30代女性のワキガ率ですが、特に多いということはありません。

 

 

ですが、30代になると「自分のニオイが気になる」という方が増えるのも事実です。

 

 

これにはどういった理由があるのか、ご一緒にみていきましょう。

 

 

わきがじゃない場合もある

30代になると、ワキガじゃなくても色々なニオイが出てくるようになります。

 

 

その中でも、代表的なのが加齢臭です。

 

 

加齢臭と聞くと男性の方が多い印象がありますが、実は女性の方が強烈なニオイを放つことが多いそうです。

 

 

男性の場合は汗臭さなど、エチケットの部分で女性よりも意識しないことが多いので、全体的に臭うと思われてしまっているようです。

 

 

このような理由から、加齢臭をワキガと勘違いしてしまうことも多いそうですよ。

 

 

いきなりなるってホント?

ワキガにいきなりなった!という不安の声を耳にします。ワキガは体質なので生まれ持った汗腺の量などに大きく左右されると言われています。

 

 

そのため、もともとワキガ体質だったけど、「ニオイが最近でるようになった」というのが本来の考え方のようですね。

 

 

いきなりニオイがきつくなる原因としては、食生活や生活リズムの乱れ、ストレスや環境の変化などがあげられます。その中でも特に強いのが食生活で、動物性脂肪を多く取るとニオイがきつくなる傾向があるようです。

 

 

いきなりニオイがし始めたという方は、食生活を野菜中心などに改善することによって元の状態に近づけるかもしれません。

 

 

ワキガだと困るシーン

ワキガで困る代表的なシーンと言えば、
婚活
職場
ママ友
などがあげられます。

 

 

どれをとってもワキガ臭いと思われたら致命的なくらい人間関係がうまくいかなくなりますよね・・・。

 

 

ワキガの悩み相談でも、「職場でワキガ臭い女性がいます。どうすれば本人に自覚させることができるでしょうか?」なんていう質問もあるくらいですから・・・。

 

 

こういった場面で周囲にワキガと気づかれないように、「本気のワキガ対策」をしていく必要があります。

 

 

30代女性のワキガ対策とは?

とにかくニオイにはデメリットだらけです。

 

 

特に30代ではニオイの質なども変わってきて、対策が難しい時期とも言われています。そのため、中途半端なデオドラントを使うと、混じっておかしなニオイを強調させてしまいかねません。

 

 

ワキガ対策をするのであれば、ワキガ専門のデオドラントを使うのがベストです。

 

 

成分などもニオイ対策に特化していて、パッケージもコスメのような感じなので「何を使っているのか友達にもわからない」という理想のワキガ対策をすることができます。

 

 

もっと自分にお金をかけるべき

環境によっては節約したり食べ物に浪費したりと異なりますが、30代こそ自分磨きに重点を置きましょう。

 

 

ニオイがなくなるだけで気分も明るくなります。

 

 

婚活でワキガのニオイをコンプレックスに抱えているのであれば、そのせいで内気になっていたのも解放されるかもしれません。ママ友の輪にも入りやすくなるし、職場で周囲の反応を気にしすぎる必要もなくなるはずです。

 

 

どんな環境であれ、せっかく女として生まれたんだから、30代は自分磨きに徹しましょう!

page top