10代のワキガ 中学生〜高校生はこうやってニオイ対策する!

10代ワキガ、中学生〜高校生はもっとも対策が必要!

 

ニオイに一番敏感なお年頃が10代、中学生〜高校生時代です。

 

 

自分がワキガだとわかっても「わきが専用デオドラント」はお小遣いレベルじゃ買えない・・・。市販のデオドラントを使ってみるものの、結局は普通の人の為のデオドラントだから効かない・・・。

 

 

こんな悪循環が訪れる時期です。

 

 

このページでは、10代のワキガ、中学生〜高校生はどう対策すればいいのかを解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生・高校生のワキガで起きる問題

中学生から高校生になると、「他の人との違い」に敏感になります。

 

 

特にニオイなどデメリットな特徴は「いじられやすく」、よく問題になりがちです。相手は冗談で言っているつもりでも、当のワキガ体質の本人は相当なショックを受けることでしょう。

 

 

どういった問題がおこるか、代表的なものを例に挙げていきます。

 

 

自分に自信が無くなる

まずは誰かにワキガ臭いと言われることです。

 

 

これはワキガじゃない人からしたら「大したこと無いじゃん」と思われるかもしれませんね。しかしワキガ体質の本人はその後、ヒソヒソ話や「臭い」というキーワードに過剰なまでにビクビクするように。

 

 

結果的に何をするにも自信がもてなくなるし、集団で行動する際には近寄りづらくなってしまいます。

 

 

場合によっては、もっとひどいことにも・・・。

 

 

ひどいと避けられるようになる

別の記事でも書いていますが、管理人が部活の試合の時のエピソードです。

 

 

チーム行動なのに1~2人だけ別行動している女子がいると、大抵その子の周辺はものすごいワキガ臭が漂っていました。管理人もワキガ体質ですが、それなのに肺に入れた空気を出したいくらい強烈です。

 

 

こういったことは1回だけじゃなく、さらに他の部活などでもこういったことはおこっていました。

 

 

なんというか、「お前は臭いから空気読んで離れろ」のような雰囲気になっています。一番ひどいときだと、わざわざその子にボールをもらいに行った女子が、鼻をつまみながら近づいたことです・・・。(これは衝撃的過ぎました・・・。)

 

 

本当にこれは難しい問題で、先生に相談するにも自分が臭いからコミュニケーションが取れないと言い出すわけにもいきません。

 

 

解決するとすれば、ワキガ臭をなんとかする他ありません。

 

 

10代のワキガ対策はどうすればいい?

10代は運動なども活発だし食欲も旺盛で、特に汗もかきやすいでしょう。

 

 

なので、とにかく汗対策をすることが大切です。

 

 

それと、以下に書いているとおり、とにかく「バレない」ことに全力を尽くしましょう!!

 

 

とにかく「バレない」を心がけて!

管理人は小6のころから母親が買ってくれた1万円くらいするデオドラントをつけていました。

 

 

おかげでニオイがバレずに済んでいます。(いえ、もしかしたら何人かは知っていたのかもしれませんが・・・w)

 

 

高校の時などは「誰がワキガか」なんて修学旅行とか部活中にも盛り上がっていたので、自分のニオイがバレていたらと思うと怖くて仕方ありません。陰でこんなこと言われているんですからね・・・。

 

 

管理人がとにかく気をつけていたのは、休み時間はウェットティッシュなどで必ず拭くようにしていました。体の中にこもったニオイも飛ばすように、人がいないところに入って服をパタパタさせて換気しまくりました(笑)

 

 

でもやはり、それだけでは消えないのがにっくきワキガです。

 

 

本気でワキガ対策をする!

これから先、コンプレックスを抱え続けないためにも早めに対策をしなければなりません。

 

 

ニオイなんて吹き飛ばしましょう。自分に自信を持てるようにしましょう。

 

 

そのためには、本気でワキガ臭対策に取り組まなければいけません。上記のような、汗対策やちょっとしたニオイ対策だけでなく、「ワキガ臭に効くデオドラント」も併用することによって、ニオイを気にしない生活に近づくことができます。

 

 

管理人は中学の時、姉もワキガだったため運よく母が買ってくれたので助かりました。高校の時にはバイトして買っていました。

 

 

ニオイがバレるとどうなるかわかっていたからこそ、しっかりと対策はするようにしていました。

 

 

10代・中学生〜高校生のわきが対策まとめ

とにかく「バレないようにする!」これが一番です!!!

 

 

いつイヤなニオイが友達の鼻に感づかれるかはわかりません。一度でもそういったことがあると、ずっとワキガのレッテルを貼られてしまう可能性だってあります。

 

 

こうならないためにも、バレないためのワキガ対策はしっかりと行っていきましょう!

 

page top