12歳までのわきが対策〜小学生編〜

小学生のワキガは、年上にからかわれやすい!?

 

低年齢編に続いては小学生向けのワキガ対策や考え方について書いていきます。

 

 

管理人の体験談的なものもありますが、十年以上まえなので今だともうちょっとデリケートな問題かもしれません。

 

 

あなたがワキガ体質であれば、「あるある」と思うかもしれませんね。そうでない方も見ているはずなので、そういった方にも「こんな問題があるんだ〜」ということをお伝えする為に書いていきます。

 

 

 

 

 

 

小学生のワキガ、いつから気にする?

おそらくほとんどの小学生が、自分のニオイがワキガということに気がついていないでしょう。

 

 

大体の場合、親が気付いて何とかしてあげようと思うはずです。

 

 

管理人も小学4年生の時にニオイが出始めて、強いニオイと思ったのが6年生の時。当時中学生だった姉に言われて初めて「気をつけないといけないニオイ」と知ることが出来ました。

 

 

低学年では自分も友達もあまり気にしない

実際のところは、4年生くらいまではニオイを気にする必要はないかもしれません。

 

 

ここでいう気にしないというのは、特に周りからワキガワキガ言われる可能性が低いということです。

 

 

ワキガ最大の問題は周囲でイジられたり、避けられることですから、このくらいの年齢であればよっぽどのニオイで無い限り気にされることはないでしょう。

 

 

友達の親と会うときは注意!

同じ学年同士の友達などは気が付きにくいのでいいのですが、友達の親などには出来るだけ気が付かれないほうがいいです。

 

 

管理人の経験談なのですが、キャンプ合宿中に友達の親同士が話している時に「◯◯ちゃんってすっごくワキガ臭いよね〜、お風呂入ってるのかしら?」のような会話をしていました。

 

 

小学生の親は何かと噂話を好みます。どうでもいいことなのに、話すネタがなくなると子供まで巻き込みます。

 

 

主婦のうわさ話の広がる速度はものすごいので、こういった事にならないようにしたいですね。ニオイに気をつけるところは気をつけるクセをつけておいたほうが無難です。

 

 

ニオイ対策はどうやって進めていく?

小学生のワキガ対策ですが、基本はデオドラントを使うようにします。

 

 

市販のものだと刺激が強かったり、ただの汗のニオイ対策のデオドラントばかりです。

 

 

本当にワキガであれば、しっかりと「ワキガ専用のデオドラント」を使うのは当然のことですよね。

 

 

そういったデオドラントの話も含めて、子供自身にもワキガ対策を自然としてもらうためのポイントをご紹介していきます。

 

 

清潔にするのは当たり前感を出す

管理人は親がワキガじゃないのに姉と自分が何故かワキガになるという悲劇でした。

 

 

姉が早いうちから自分のニオイに気を使っていたおかげで、母がエチケットに関してすごくうるさく言ってきました。

 

 

当時はうざいな〜と思っていたのですが、今となっては感謝しています。ワキガ臭をまき散らしていたら確実に嫌われていたと思いますから・・・。

 

 

ワキだけでなく、脚や背中、首などもいつもキレイにするように言われていて、それが当たり前になっていたのでニオイを抑えることができていました。

 

 

そして極めつけは次に紹介するデオドラントです。

 

 

気にするようになったら買ってあげる

管理人の姉は毎朝とお風呂あがりに謎の物体をワキに塗っていました。

 

 

実はそれがワキガ専用のデオドラントで、当時はそこまでニオイ対策が普及していなかったので1万円近くしていました。

 

 

今はもうその商品は売っていないのですが、「それを買ってもらえてなかったら・・・」と思うと、ゾッとします・・・(笑)

 

 

最近の商品は成分を見る限り、その当時のものより安く品質もいいので有難い時代です。

 

 

管理人が使用していたデオドランドはニオイはなくなるけど若干肌が荒れました。現在はその当時よりも本来のニオイは強くなっていますが、デオドラントも進化しているのでニオイをカバーしてくれています。

 

 

それなのに、子供でも使えて敏感肌にも◯なのですごいですよね・・・。この記事の最後に現在使っているデオドラントのいくつかを紹介しています。

 

 

小学生のわきが対策まとめ

高学年になったら気をつける
友達の親には注意!
デオドラントを買ってあげる

 

管理人の実体験ではありますが、現在親として考えた場合はこれら3つに気をつけるべきだと思います。

 

 

小学生でも、友達からワキガで臭いと言われたらメチャクチャ凹みます。メチャクチャっていう言葉じゃ表現できないくらい凹みます。

 

 

なので、子供たちの学校生活を楽しく過ごさせてあげるためにも、親がしっかりとニオイ対策をしてあげるのは当然のことですよね。

 

 

これから中学〜高校と成長するほどニオイに対して厳しい反応が返って来ます・・・。今のうちから対策をすることで、今後のコンプレックスを解消することができる、「大きな一歩」となるでしょう。

 

page top