わきが対策デオドラントの口コミ・効果のリアルレビュー

BAN ニオイブロックロールオンはわきが体質に効果ある?リアルな口コミ!

BAN ニオイブロックロールオンを購入して実際の効果を試してみました!

 

パッケージ

 

このページでは、BAN ニオイブロックロールオンを使って感じた効果を、管理人(男)が口コミをしていきます!

 

 

 

 

 

BAN ニオイブロックロールオンの特徴

パッケージの特徴画像

 

今回口コミするBANのロールオンタイプには別のタイプもあって、その商品の名前はBAN 汗ブロックロールオンです。あちらが「汗対策」なのに対し、こちらは「ニオイ対策」となります。

 

 

メーカーが同じなのでどんな違いがあるのかな〜と思い、両方とも使ってみました!

 

 

なお、両方とも容量は40mlということで同じですね。

 

 

香りの種類は何タイプ?

BAN ニオイブロックロールオンのラインナップも同じように、無香料とせっけんの香りの2つから選ぶことができます。

 

 

せっかくなのでまったく同じせっけんの香りを試してみましたが、BAN 汗ブロックロールオンとは若干の違いを感じたのでその点についても触れていきます!

 

 

市販の商品は香りが何種類かあったりするので、無香料より香りつきのほうがなんだかお得に感じてしまいます(笑)

 

 

効果・効能や成分をチェック!

効果・効能

 

効果・効能については、ニオイ対策ということで「皮ふ汗臭」が最初にきて、続いて「わきが(腋臭)」「制汗」となっています。

 

 

有効成分が若干違うので、ここで商品の差別化をしている感じですね。

 

有効成分

 

有効成分はベンザルコニウム塩化物液、そしてクロルヒドロキシアルミニウムです。それぞれ殺菌対策、汗対策のデオドラントで人気の成分です。

 

 

特にクロルヒドロキシアルミニウムが配合されたデオドラントは近年増えてきていますね。

 

 

続いては、使ってみた感想です!

 

 

ニオイブロックロールオンを使ってみました!

キャップ開封

 

ロールオンタイプなので先端を逆さまにして液体をつけてグリグリつけていきます。

 

 

持ちやすいしコンパクトだから塗りやすさは○です。

 

 

塗ってみた感じは?

 

他の記事でも何度か書いていますが、ロールオンはやっぱり塗りにくい!

 

 

いや、塗ることはできているんですが、どこを塗ったかわかりにくいため同じ場所を何度も通ってしまう。その結果、塗りすぎてしまい(効果的にはいいのかもしれませんが・・・)乾きにくくなることも。

 

 

ロールオンタイプを使う場合、乾かしてからが本領発揮になるので乾きにくいと若干使いづらい部分もあります。

 

 

肌の感じはやはり汗ブロックと同じように、塗った直後は一瞬べたつきますが、その後はサラサラになります。

 

 

汗ブロックよりもいい香り?

ロールオン部分アップ

 

ニオイブロックと書かれているから心理的にそうなってしまっているのかもしれませんが、若干せっけんの香りが強い気がしました。うん、気のせいかもしれませんが・・・(笑)

 

外出中にも腕を動かすときにほのかにせっけんの香りが漂います。イヤなにおいじゃないのでこれは全然OKですね。

 

 

汗のニオイ程度なら余裕で爽やかに対策してくれる気がします。

 

 

塗った感はやはり重要!

 

最初に若干べたつきがあると書きましたが、そういった感じがあるほうが逆に安心します。

 

 

ちゃんと塗れている感がないとちゃんと対策できているか心配ですよね。この商品は、塗った後サラサラになっているときの「デオドラントで乾いてる感」がちゃんとあるので、「ちゃんと効いてるかも?」という謎の安心感があります。

 

 

塗るときは逆さまにしつつ塗ると素早く終わりますが、結構な量がでるので注意しましょう。

 

 

BAN ニオイブロックロールオンはわきがに効果ある?

 

気になるわきがへの効果ですが、軽度なワキガであればせっけんの香りを使えば良い対策になるんじゃないかと思います。

 

 

管理人のように多汗の場合、汗対策のほうが重要になってきます。しかし「汗はそこまでかかないけどワキガの臭いはちょっとしちゃう・・・」というレベルなら、軽い香りつきのデオドラントでもいけちゃうんですよね。

 

 

とはいえ、以前からそういった香りつき商品を使って「あまり効果を実感できなかった」という方は、そこまで期待できないかもしれません。

 

 

汗には若干弱い?

 

やはりニオイ対策ということで、汗ブロックに比べて若干ですが汗に弱い?と感じました。

 

 

ただ、これは天候や気温などにも左右されると思うので確実とは言えません。何より、「こっちの商品はニオイ対策なんだ!」という思い込みからの汗の可能性も否定できませんからね(笑)

 

 

何も塗らないよりかはもちろん汗を抑えている実感はありますが、色つきのシャツを着るとやはり汗ジミができてしまいます。

 

 

とはいえ、汗っかきの管理人でも汗を抑えている効果を実感できたので、汗が少ない方なら使いやすいんじゃないかと思いました。

 

 

せっけんの香りでいけるかも!

 

ということで、汗が少なくプチワキガ程度のレベルであれば誤魔化せちゃうんじゃないかといった感想です。

 

 

せっけんの香りはほどよくいい香りなので、デオドラントつけすぎ臭にはなりません。

 

 

強いワキガの場合や、今まで市販の商品で効果を感じなかった方にはあまり向いていないかもしれませんね。せっけんの香りとワキガが混ざると大変なことになるので・・・!

 

 

BAN ニオイブロックロールオンの総合評価

 

サイズは約10.5cmくらいなので、バッグやポーチに楽々収納可能です。

 

 

サッと取り出してすぐに塗れるのが便利ですが、できるだけ乾かしてから動き出すとより効果的なニオイ対策ができます。

 

 

良かったところ

簡単に使える

コンパクト・軽量でいつでも手軽に使えるのが便利です。塗っているところは人に見られたくありませんが、これならトイレなどでササッと済ませることができます。

 

手が汚れない

ロールオンなのでクリームタイプと違い手が汚れません。出先などでの対策としては便利ですね。

 

ニオイ対策になる

ニオイ特化ということで、軽い汗のニオイ程度ならしっかり対策できている実感があります。ワキガではなく汗のニオイが気になる方には特にオススメですね。

 

 

イマイチなところ

やっぱり汗は出ちゃう

ワキが乾いた感じはしていても、やはりジワジワと汗は出てきてしまいました。色のついたシャツなどを着ていなければ気にならないかもしれませんが、同時にニオイが出てくる可能性も高まるので若干気を使います。

 

減りが早い

ロールオンは意外と減りが早いです。塗り方でちょっと工夫すればいいですが、ケチってニオイが出たら元も子も無いのでしっかり使いましょう。

 

 

まとめ

 

BAN 汗ブロックロールオンとニオイブロックロールオンはどっちがいい?

 

 

と考えた場合は、ワキガ体質の方であれば汗ブロックのほうがいいかもしれません。やっぱり汗が少なければその分追加での対策もしやすくなります。

 

 

応急処置でスプレーとかでもニオイを発しにくくなるので、「汗対策」こそがワキガ対策になると管理人は感じています。

 

 

ワキガ体質でなければ、商品の特徴のとおりに選んだらいいと思いますよ。服の汗ジミとか、人に脇汗を見られるのが恥ずかしければ汗ブロックを。汗のニオイが気になる方はニオイブロックを選べばいいと思います。(そのまんまですが・・・。)

 

 

最近のデオドラントは、使用している成分が似てきているので、「安いものを沢山買ってみて自分に合ったものを見つける」か、「最初からワキガ専用商品を選ぶか」のどちらかです。

 

 

ワキガ専用の場合は、結構強めのワキガでも効果を実感できるものが多いので、本気で悩んでいる方は試してみる価値がありますね。

 

 

楽天での価格をチェック!

 

アマゾンでの価格をチェック!

 

わきが対策をちゃんとしたいならコレ!

 

 

好きな香りやタイプ別(クリーム・ロールオン・ストーンなど)から色々と試してみると新たな発見がありますよ!

page top