わきがの原因|食事・食べ物でワキガは良くも悪くもなる

わきがの原因は食べ物・食生活とも大きく関係しているらしい!

 

このページでは、わきがと食べ物についての関係について詳しく解説しています。

 

最初に書いておきますが、食べ物だけ変えてもワキガ対策には不十分すぎます。

 

食べ物や食生活で、少しでもワキガのニオイが改善されればいいな〜と思っている方への記事です。

 

■ワキガ対策を総合的に行いたい方へ
サイトのトップページで、ワキガ対策からデオドラントの選び方までまとめてご紹介しています。
興味のある方は参考にしてください。
(ページ最後にも同じリンクがあります。)
>わきが対策とデオドラント選び

 

 

今までニオイがしなかったのに、環境・食生活が変わってからワキガのニオイがきつくなってきた・・・。

 

 

実はそんな時に、わきがのニオイが強くなっている原因が食べ物にあることも。

 

ワキガ体質の人があまり食べるべきではないのも、そしてニオイを少しでも軽減するために食べることを心がけた方がいいものなど、ワキガと食べ物について詳しく見ていきましょう!

 

食べ物でのワキガ対策は、デオドラントなどの「ニオイ対策」と併用して行っていきましょう。
ニオイが軽くなることは期待できても、ニオイの大本は絶つことができません。

 

 

 

 

 

わきがと食べ物の関係は?

 

そもそも、わきがと食べ物って関係あるの?って話ですが、関係があると言われています。

 

 

というより、管理人も実際に体験したことがあります。

 

これから書いていく「できれば避けたい食べ物」を食べ続けていた時期があり、その時は自分でも常にわかるくらいイヤなニオイがまとわりついていました。

 

当時は仕事の関係上、汗をかきやすかったのでそのせいでニオイが強くなっているのかと思っていました。
しかし、つい最近(このサイトを立ち上げるにあたって)調べていくうちに、

 

「あ、だから臭かったのね!!!」

 

ということがわかるように・・・(笑)

 

 

食生活で改善されるパターンもある

 

管理人はかなり汗っかきなので、「食生活だけ」でワキガのニオイを全て解決するのは無理だと諦めています。
(食生活だけではそもそもニオイ対策には不十分です。)

 

そもそも、根本的なわきがの原因はアポクリン腺などにあるので、それらを手術などで摘出しない限り消えません。

 

しかし、もともと軽度なワキガ体質の場合、ちょっと食生活を意識して変えただけで「あまり気にならなくなった」という声が多く見られます。

 

 

あくまでも原因の一部でしかありませんが、できる限りの対策を行っていくことで徐々に変化は訪れるかもしれません。

 

 

いきなり変化は訪れない

 

美容サイトなどでも書かれていることで、管理人が大きく実感したことがあります。

 

 

それは、「食べ物でニオイが強くなるのは早くても、改善されるのは遅い!」ということです。

 

職場が変わってからも体質が大きく変化してしまっていたからか、大分ニオイが強い状態がキープされるはめに・・・。以前よりも体重が6kgも増えてしまっていたため、汗に含まれる成分も変化していたせいもあるでしょう。

 

しかも、ジャンクフードなんかを食べると超即効性があるくらいニオイが強化されていると感じました。

 

 

なのに・・・、ワキガ対策にいいと言われる食べ物を食べたところで、すぐには結果が得られないという残念なことに・・・。

 

 

過度な期待は禁物!

 

軽度なワキガ体質の方であれば、日によって「臭う・臭わない」がハッキリしていると思います。

 

その為、食べ物での変化もわかりやすいはずです。

 

 

しかし、重度なワキガ臭の場合、「そもそもニオイが強いからわかんない!!!」ということになってしまいます(笑)

 

 

とは言うものの・・・、ニオイと食べ物は関係してくるので、すぐに効果があらわれなくても続けることはものすごく大切です。

 

 

以下のあまり「食べないほうがいいもの」「食べたほうがいいもの」をじっくりと見て行きましょう。

 

 

できれば避けたい食べ物

 

まず最初に、ワキガのニオイをパワーアップさせてしまうと言われている、できれば食べ過ぎない方がいい食べ物のご紹介です。

 

 

主にあげられるのは「脂質」の部分です。脂っこい食べ物が大好きな方は注意が必要ですよ・・・。

 

 

職場の環境や飲み会などの付き合いでどうしても食べなければいけない場面もありますが、自分で制御できる場面ではできるだけ控えましょう!!

 

 

肉類

 

みんな大好き!お肉さんもニオイを強くする食べ物です!!!

 

 

肉類は脂肪系がたっぷりたっぷり入っています。

 

  • 脂肪酸
  • 中性脂肪
  • 動物性脂肪

 

こういったものを多く摂取してしまうと、汗に含まれる皮脂などが多くなってしまいます。

 

 

皮脂が脇にいる菌によってニオイのもととなるため、結果的にニオイの原因を増やしてしまうということになります。

 

 

乳製品

 

こちらも日常的に飲むものなのですが、やはり脂肪が多いため摂り過ぎによってニオイがきつくなることも。

 

特に、チーズや生クリームなどは普段意識しなくても材料として使用されていることがあるため、いつのまにか大量に摂取していることも。

 

「デザートは別腹」とは言いますが、ニオイが気になる方はちょっと控えたほうがいいでしょう。

 

 

ファストフード・ジャンクフード

 

管理人がモロに食べていたのはジャンクフードです(笑)

 

 

ジャンクフードが6kgの脂肪に変わり、そしてニオイと共に地球上に撒き散らされていたようです・・・!

 

 

もともと世界的に見れば日本人のワキガ体質は少ないと言われています。

 

しかし、こういったジャンクフードやファストフードの普及により、日本人本来の和食(魚・穀物・野菜)などの食生活が失われつつあるため、「隠れワキガ」だった人たちが「隠せなくなっちゃった」のです。

 

健康的にも良くないし、強烈なワキガオーラを纏うことになるので一番避けたい食事ですね・・・。

 

 

対策のために食べたほうがいい食べ物

 

続いては、ワキガ対策の為に食べたほうがいい食べ物の紹介です。

 

 

好き嫌いがあるので食べれるもの・食べれないものがあるかと思いますが、出来る範囲で無理なく食生活に取り入れていきましょうね!

 

 

梅干し

 

超定番ですね。

 

 

アルカリ性の食べ物である梅干しは、現代の日本人の食生活で酸性になりつつある体を整えてくれる効果を期待できます。

 

 

ちなみに管理人は梅干しが食べれません。

 

 

ワカメ・メカブなど海藻類

 

ワカメやメカブなどの海藻類もアルカリ性なので梅干しのような効果を期待できるようです。

 

 

管理人も和食中心の食生活を心がける上で、かならうお味噌汁にワカメを入れて食べるようにしています。

 

 

ざっくり言うと、和食

 

やっぱり和食にすることで体質を徐々に変えていくのがベストだと思います。

 

 

そもそも、日本人は体臭きつくなかったのに、すごく忙しい社会になってどんどん臭くなっているような気がします。

 

 

満員電車も昔より明らかに臭いです。(管理人のせいではありませんよ!)

 

どうみても、「食事を早く済ませよう」という意識が強くなりつつあるため、本来食べるべきものを食べずに「ニオイのもと」となるようなものばかり食べる生活を送らざるを得なくなっています。

 

魚・穀物・野菜中心の食生活を心がけることによって、軽度なワキガの方は気にならなくなるだろうし、重度の方でもニオイを和らげることができるはずです。

 

 

でも、仕事内容や環境によっては、「食事に時間を割けない!!」という方も多いはず。

 

そういった場合は、デオドラントを使用する以外にありません。

 

 

ちなみに、現在デオドラントを使っていて周囲にワキガとばれていないのであればこの先を読む必要はありません。
(ワキガなのに使っていない人は論外です。エチケットとしてニオイ対策は当然です。)

 

今現在デオドラントを使っているけど、満足いくようなニオイ対策ができていない方だけ読み進めてください。

 

 

速効性を求めるならアイテムを使うしか無い!

 

食べ物がわきがの原因になっていたり、それを上手に対策できるとは言え、

 

「今すぐこのニオイをなんとかしたい!」

 

という管理人のような状況だった場合、やはり食生活だけで改善するなんて夢のまた夢・・・。

 

 

やはりここでは、デオドラントに頼るしかありません。

 

 

今やいろいろなタイプが出ていて、自分にあったデオドラントを見つけるのも一苦労です。

 

それでも、必ず自分の「汗の体質」「ワキガの体質」にあったデオドラントは探せば見つかるので、根気よく試し続けることが重要です。(ニオイの悩みってほんとツライですよね・・・。)

 

管理人の体質・肌質的にはクリームタイプが一番合ったのですが、程度によってはサプリや石鹸が合うという方もいます。

 

 

ここは使ってみないとわからないところですが、最近のデオドラントは昔に比べると、「ほんと進化しているな〜」と感じますね。

 

 

食べ物以外のワキガ対策や、あなたに合ったデオドラントの見つけ方などをまとめたページがあります。
興味があるかたは参考にしてください。
>ワキガ対策の基本とデオドラント選びについて

page top